日常や季節の知りたい情報をズバっと解説

梅雨の時期の体調不良を改善する方法。

      2016/12/26

梅雨の時期になると
体調が崩れるという人がいます。


 
雨が降ることによって
古傷が痛み出すという症状を訴える人もいるように、
気候条件と体調には深い関係があると考えられています。

気温や気圧、湿度などは
人間の体に大きく影響を与えるもので、
梅雨の時期に体調が悪くなってしまうときには、
季節の変わり目であることと、
雨が続くことや晴れと雨が繰り返し起こることによって、
ストレスや負担になってしまうことが理由となります。

 
気象の変化によって体調不良になる症状のことを、
気象病という言い方もします。


 

 
気象病は外部の要因である温度や気圧、
湿度などが影響していますが、
人間は外部の環境に関係なく内部環境を
一定に保つための機能を持っています。

人間の内部において環境を維持させる
機能のことをホメオスタシスといい、
自律神経が作用しています。

梅雨の時期に発生する気象病の症状としては、
体がだるいことや手足が冷える、
肩がこる、頭痛などが挙げられます。

 
その他の代表的な症状としては、
古傷が痛む、神経痛、関節リウマチ、
狭心症、尿管結石などがあります。


梅雨などの気象の変化によって
体調不良が現れるときの改善策としては、
事前に気象が変化した場合であっても
影響を受けにくい体づくりをしておくことと言えます。

 
バランスの良い食生活を送ることや、
適度に運動をしておくこと、
しっかりと睡眠を取ることが大切です。

梅雨の時期の体調不良として、
頭痛や手足の冷え、むくみ、
肩こりの症状が現れているときには
血液の循環が悪くなっていることが考えられます。


 
血液循環が悪くなると、
体内の様々な部分に栄養素が
届けられにくい状況となっているために、
様々な体調不良の症状が出ることに繋がります。

 
気象によって引き起こされる体調不良の改善方法としては、
血液循環を整えるために良い効果のあるものがおすすめで、
ゆっくりと入浴をして体を温めることや、
ストレッチやマッサージをすることなどがあります。


 
体調が悪くなっている理由としては、
ストレスが溜まることで
自律神経が乱れていることも考えられますので、
ゆっくりと入浴することや、
マッサージをすることは血液循環を整えることに加えて、
リラックス効果も得られる方法と言えます。

血行を促進させることで
体内に栄養素を循環させやすい体づくりが行えますし、
リラックスできることで自律神経を整えることにも有効です。



 
むくみの症状が出ているときには、
水分や塩分を摂取しすぎていることも考えられるために、
食生活において野菜やレバー、魚、納豆などを
摂取することがおすすめです。

スポンサードリンク

 - 天気

  関連記事

no image
梅雨の時期でも熱中症になる?

熱中症は暑い時期に起こる印象がありますが、 実はそうではありません。 熱中症には …

no image
梅雨の時期でも崩れない髪型まとめ。

梅雨の時期は女性にとって気分がのらない期間でもあるでしょう。 梅雨の間は雨の日が …

no image
梅雨の時期の健康法とは?!

個人差はありますが、 梅雨の時期は、体調不良になることがあります。   …

no image
梅雨の時期は食中毒に注意した方がいい理由。

食中毒は激しい下痢や嘔吐を起こし、 胃痛や腹痛、発熱などを伴います。 食中毒には …