日常や季節の知りたい情報をズバっと解説

梅雨の時期でも崩れない髪型まとめ。

      2016/12/26

梅雨の時期は女性にとって気分がのらない期間でもあるでしょう。

梅雨の間は雨の日が多くなるため、
常に湿気との闘いになります。

湿気があってもメイクは何とかなりますが、
髪型が決まらなくなるとお困りの方は多いはずです。



 
湿気による影響は髪質によって異なります。

ウェーブヘアの方はボリュームが
なくなってペタンとしてしまいますし、
クセ毛の方はスタイリング剤を使ってキレイに整えても、
すぐに丸くなってしまいます。

このような悩みを解消するためには、
梅雨の時期を迎える前に髪型を変えておくといいでしょう。



 
梅雨の湿気でも崩れない髪型と言えば、
やはり人工的なパーマです。


髪型が崩れないように毎朝ヘアスタイリング剤を
使ってケアするとなれば、相当の時間を要するはずです。

その点パーマをかけてしまえば簡単なセットだけで済みますから、
朝の忙しい時間をとられることもありませんし
日中崩れた髪を気にすることもなくなります。

 
ボリュームがなくてペタンコになってしまう髪質の方は、
デジタルパーマをかけてふんわりとしたウェーブヘアを実現させましょう。

デジタルパーマは形状記憶が可能なパーマですから、
時間が経っても自然に落ちるということはありません。


立体感のあるヘアスタイルになるので、
女性らしく優しい雰囲気を演出したい方にも最適です。

 
毎朝シャンプーしている方は、
ドライヤーを使って乾かすだけでパーマヘアに戻ります。

お出かけ前に軽くセットしておけば、
一日中キレイなウェーブが続きます。


 
クセ毛で広がりやすい髪質の方には縮毛矯正パーマがおすすめです。

縮毛矯正は従来のストレートパーマと違って
頑固なクセ毛も真っすぐにする力があります。

クセ毛はもちろんですが、
以前にパーマをかけたウェーブヘアも
真っすぐにすることができます。

縮毛矯正の場合はストレートヘアが実現するだけでなく、
髪一本一本をコーティングしてくれるので、
ツヤのある美しい髪へと導かれます。


 
梅雨の強力な湿気でも影響を受けることはほとんどありません。
毎朝ブラッシングをして整えるだけで外出できて便利です。

デジタルパーマや縮毛矯正パーマをかけた後は、
髪のダメージを進行させないためにもしっかりとケアすることが大切です。

 
自宅ではトリートメント剤を使用し、
定期的に美容室に行ってスペシャルケアを受けるのもいいでしょう。

 
パーマをかけた髪は丁寧にケアしないとダメージが進んでしまいます。

特にシャンプーした後は傷みやすいですから、
素早く乾かして美しい髪を保ちましょう。

スポンサードリンク

 - 天気

  関連記事

no image
梅雨の時期は食中毒に注意した方がいい理由。

食中毒は激しい下痢や嘔吐を起こし、 胃痛や腹痛、発熱などを伴います。 食中毒には …

no image
梅雨の時期でも熱中症になる?

熱中症は暑い時期に起こる印象がありますが、 実はそうではありません。 熱中症には …

no image
梅雨の時期の健康法とは?!

個人差はありますが、 梅雨の時期は、体調不良になることがあります。   …

no image
梅雨の時期の体調不良を改善する方法。

梅雨の時期になると 体調が崩れるという人がいます。   雨が降ることに …