日常や季節の知りたい情報をズバっと解説

インフルエンザ症状。子供が熱を出さない為の対策!

      2016/12/26

普通の風邪症状にくわえて、関節の節々の痛み、
38℃以上の発熱、それがインフルエンザ症状です。


大人でもかかってしまうと大変つらい症状のインフルエンザ、
冬場は子供にも、インフルエンザは蔓延します。

 
今年はとくにインフルエンザが流行し、
学校閉鎖も多かったとよく耳にします。

熱によって体がだるく、
頭もぼーっとしている状態での子供事故もよくききます。

親としてはとても心配ですよね。

 
インフルエンザ症状、発熱への対策、
はっきり言うとかからないことが一番です。


かかってしまうと早めに病院に行って
抗インフルエンザ薬をもらうことをおすすめします。

 

 
では、来年のインフルエンザ対策へ向けて
今から健康作りに励みましょう。

まずはすぐにできることは
バランスのいい食事をとり、免疫力をつけることです。


豚肉や乳製品などのビタミン類、
とくにビタミンBは自己免疫を
高める食材なので習慣的にとりましょう。

 
最近は腸内細菌を整える
R-1ヨーグルトもかなり注目されています。

体の免疫反応に役立つ細胞は腸に由来しているからです。
そのため、常日頃から健康な腸内環境でいることをおすすめします。


インフルエンザ対策に強靭な
体ができあがったら手洗い、うがいの徹底です。



 
外から帰ってきたらまずは手洗い、を徹底して生活しましょう。

外からといっても自宅に入るときだけでなく
学校でも外から中に入るときは必須です。

石鹸を使用し、よく洗い、
うがいはがらがらうがいが30秒が2回、
ぐちゅぐちゅうがいが1回、これでうがい手洗いは完璧です。


 
また外出時のマスクもよい方法です。

外出時はマスクをして、
人混みは避けて行動したほうがよいでしょう。

最近は性能のよいマスクも出ているのでぜひご利用ください。
しかし、マスクでは本来ブロックできるものではありません、
手洗い、うがいが基本です。

 
インフルエンザ症状への対策、最後は予防接種です。

インフルエンザにも、A型B型などありますので
予防接種したワクチンがかならずしも効くとは限りません、
予防接種だけに頼るのはかなり危険です、
予防接種は保険だと思っておいたほうがよいでしょう。

基本は自己免疫を高め、
体に入ってくる菌を最大限に追い出す、
取り込まない、というのが重要です。


それでもインフルエンザにかかってしまい、
インフルエンザ症状が出たときは無理をせず体を暖めたり、
消化のよいもので栄養をとる、ごく普通の対処が大切です。

 
一昔に比べ、子供睡眠や、
栄養はしっかりとれているのでしょうか、
インフルエンザ症状に対して、
というよりインフルエンザにかからないための対策が重要です。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ

  関連記事

no image
インフルエンザに感染した!子供の症状とその対策

毎年冬になると流行するインフルエンザ。 最近は春になっても流行が続くこともあり、 …

no image
インフルエンザ後の頭痛の原因や対処法

インフルエンザに罹患すると、 高熱や咳、鼻水以外にも、関節の痛みなど、 様々な症 …

no image
インフルエンザのお風呂に入るのは危険!?注意点をまとめました!

インフルエンザは高熱が出ることが特徴的で、 しかも感染力が強いという特徴がありま …

no image
インフルエンザと自然治癒力について。病院に行かなくても治るものなのか。

冬になると予防をしていても インフルエンザになってしまうことはありますが、 すぐ …